AC/DC

Malcolm Young亡くなってしまいましたね。

AC/DCはYou Shook Me All Night Longで知りましたが、

最初にはまったアルバムはこれ↓でした。

forthose

FOR THOSE ABOUT TO ROCK (1981)

当時は貸しレコードで借りて、奮発してUCX-S(わかるかな?)に

録音して聞きまくっていました。

続くこれ↓はエアチェックだったかな?

flickof

FLICK OF THE SWITCH (1983)

この頃まではけっこうロックも聞いていました。

その後あまりロックを聞かなくなり、AC/DCを聞く機会も

なくなっていましたが、CD時代になってからThe Razor's Edge

たまたま見つけて購入。それ以降はほぼ毎回買っています。

最近はこれ↓を聞きまくっていました。

backin

BACK IN BLACK (1980)

アナログを中古で買ったのはこれが初めてだったかな?

AC/DCならスクラッチノイズも気にならないんじゃないかと

思って買ったような記憶が...。(笑)

最新作のこれ↓もアナログで買いました。

acdc rock or

ROCK OR BUST (2014)

これはおまけでCDもついていたのでお得でしたね。

まだまだ衰え知らずで次も楽しみにしていたのに

中心メンバーの死はほんとうに残念です。

ご冥福をお祈りします。

 

最新作よりタイトル曲を↓ 

元気が出ないときはAC/DCに元気をもらってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Maysa Leak

maysa

Maysa Leak / LOVE IS A BATTLEFIELD (2017)

 

 ようやく買いました。タイトル曲が

あのパット・ベネターのカバーですが、

けしてロックをやっているわけではありません。

いつも通りのスムース・ソウル。

Tevin CampbellのCan We Talk?やIsley Brothersの

Footsteps In The Darkなどをムーディーにカバー。

ほんとにこの人はバラード得意ですね。

今回は珍しくダンス物でOdysseyのInside Out

やってますが、これがまたいいです。かなりゴキゲンです。

あと、冒頭のThe Things That We All Do For Loveがしびれますねえ。

Nona Gayeのこのバージョンもよかったけど、超えてるかも??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Jolene

Joleneってこんなにカッコよかったんだあと今更ながら驚いたのがこのコラボ↓

ぬわんと前回のグラミーも受賞していたんですねえ。

それにしてもドリーがお元気でこれまたビックリ。

オリジナルも聞いたことはあったものの、やっぱオリビア・ヴァージョンで知ったので

この曲の良さはわかってなかったなあ。オリビアはこんなイメージでしたからね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


George Michael feat. Nile Rodgers / FANTASY

 

原曲を知らなかったので新曲かと思ってました。さすがナイル・ロジャースですね。

全く違う曲に生まれ変わっています。元のヴァージョンはこちら

プロモながら別ミックスもありました。12インチで出してほしいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Jeremy Pelt

jeremy

Jeremy Pelt / MAKE NOISE! (2017)

 

 ジャケやタイトルはちょっとヒップ・ホップっぽい

ですが、ジャズです。トランペットのJeremyが

リーダーのクインテットです。

トランペットの音はあまり激しいやつは苦手

なんですが、彼の音は心地よいですね。

じっくり聞けます。ピアノのVictor Gouldがまた

ヒップな容貌ですが、いいですねえ。

ベースはVicente Archer、ドラムがJonathan 

Barber、パーカッションにJacquelene Acevedo

と、誰一人知りませんでしたが、↓の同じメンバー

のライヴ映像ですっかり気に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Charles Earland

charles

Charles Earland / COMING TO YOU LIVE (1980)

 

再発シリーズを手に入れました。

やはりこの時代は強力ですね。

Marcus Miller, Buddy Williams, Daryl Thompson, Michael Brecker, Randy Brecker

メンバーがすごすぎる。チャールズはオルガン担当です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Moniquea

moniquea

MONIQUEA / BLACKWAVEFUNK (2016)

 

 たまげるほどファンクです。

カタカナ表記だと「モニカ」だったので全く別の方かと

思ったらビックリ仰天(笑)↓とにかくちぇっくいっとあうと!

 

まるでMidnight Starみたいなエレクトロファンクですね。ビデオもありました。↓

 

↓けっこうまんべんなくかっちょいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


川口千里

以前ラジオで聞いて、このすごいドラムは誰だろうと検索してビックリ。

ようやくアルバムも聞きました。

ただ事じゃない迫力ですね。スピーカーが邪魔でよく見えませんが、

先入観なしで音だけ聞いた方がいいかもしれません。

音数がとにかく多くてビックリ。実際に観てみたいですね。

アルバムジャケットがあまりにもアイドルしているので勘違いされそうですが、

カッコだけではありません。まじでドラマーです。すごい人が出てきました。

97年生まれって事は20歳かあ...。

ちなみにこのライヴはギタリストの安達久美さんのライブです。

このギターもまたすごいですね。

川口千里

川口千里 / CIDER Hard & Sweet (2016)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Tom Petty

Don't Do Me Like That (危険な噂) / Tom Petty & The Heartbreakers (1979)

 

 イントロだけであの頃に飛ばされます。大好きな曲。MTVも無かった頃、情報は主に

FENとFMでした。ジャケット写真もずいぶん後に知りました。同時期に流行ってたのは

Jefferson StarshipのJaneでしたねえ。どっちもよかったなあ。

Stevie Nicksとの「嘆きの天使」もむちゃくちゃ聞きました。Jeff LynnとのLearning To Fly

なんかも好きだったなあ。

トム・ペティ亡くなってしまったんですね。残念です。ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Lindsey Buckingham, Christine McVie

lindseychristine

Lindsey Buckingham / Christine McVie (2017 LP)

 

このIn My World1曲でやられました。Mick FleetwoodもJohn McVieも参加なら

Fleetwood Macでいいじゃん!って感じですね。

やはりTuskではまった自分としてはMickのドラムは重要です。

Stevieも参加すれば最高なんですけどね〜♪↓メイキング・ビデオも楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM