Sennheiser HD100

HD100 with

ゼンハイザーヘッドホンHD100

 

Walkman用のヘッドホンを替えました。

今までもゼンハイザーで、MX375を使っていましたが、

どうにも外(道路や電車の音)がうるさくて聞きづらいので

密閉型を探していました。

ノイズキャンセリング機能とかもいいんですが、

どうもあれは違和感があって苦手です。全く外が

聞こえないのも困ります。カナル型がまた耳に合わないので小さいやつは

ほとんど選択肢がありません。だからといってBeatsみたいな

重低音系は苦手ということでなかなか見つかりませんでしたが、

ようやくこれに決まりました。

程よく遮音するし、低音もそこそこ出ます。高音もこれだけ

あれば十分。たぶん地味な音の類だと思いますが、自分には

ジャストフィットでした。これで外でも快適に音楽が聴けるように

なりました。夏はちょっと暑いかな?プラスチックのフレームは

ちゃちいので、どこかにぶつかると嫌な音はします。

不思議なことに最近の圧縮系のCDもそんなにうるさく感じません。

アナログレコードから録ったやつはほんとうにいい音で感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


The Brand New Heavies

TBNH

The Brand New Heavies / TBNH

 

 基本変わっていないですね。初期のN'Deaが

参加しているのは感激です。セクシーなSiedahまで

復活しているなんて贅沢すぎる。ベテランのAngie 

Stoneまで参加とは!大充実のヴォーカル陣です。

 そして変わらないぶっといベースにタイトなドラム、

リズムギターも健在です。UKソウル、アシッド・ジャズ

最高!っていう人には間違いない好盤だと思います。

 

N'Dea Davenport参加でThe Emotionsの大ネタを使ってしまったこれ↓

これはありですよね。めちゃくちゃ踊れると思います。

 

Siedah Garrett参加曲もキャッチーでもろにブランニューなサウンドです↓

素晴らしい。セクシー。

 

ちょっとSam Smithっぽい男性シンガーLavilleをフューチャーしたこれ↓もいい感じ♪

ソウルって感じですねえ。ほんとにいい曲揃ってます。

キャッチー過ぎてBGMにもなっちゃいそうですが、これまたはまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Monkey House

monkey house

Monkey House / FRIDAY 

 

 国内盤の帯には「スティーリー・ダンのDNAを継承」

なんて書いてあるんで、これは聞かないわけにはいかないですね。

↑この曲なんてけっこうそれっぽいですよね。

 

私はこのバンド全然知りませんでしたが、すでに何枚かアルバム出しているようです。

 

↓これはアルバムの中でも異色な曲ですが、なかなかいいノリです。

 

↓ぬわんとWalter Beckerのソロ曲をカバー!こちらのほうがSteely Danっぽい?

 

全体的にスティーリー・ダンの香りがぷんぷんする作品ですね。

かな〜りはまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新譜

Dua Lipaの新譜がとうとう届きましたね。

これがNile Rodgersのプロデュースかどうかは不明ですが、

なかなか良いです♪

 

Sam Smithの新曲はなんとDonna Summerのカバー!

この高音域は素晴らしいですね。ドナの名曲が生まれ変わりました♪

 

さらにGang Starrが新譜を出すらしい。Guruって2010年に亡くなっていたんですね。

それでもしっかり録りだめしていたようです。プレミアの音はまったく変わらず♪

 

GURUはやっぱりいいなあ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Eddie Murphy

eddiemurphy

Eddie Murphy / LOVE'S ALRIGHT (1992)

 

 あのエディ・マーフィーの5枚目のアルバムになるのかな?

よく中古店で転がっている盤です。自分もシールドながら

数百円で買った記憶あり。いまなら100円以下もざらです。

まあ、俳優ですからね。歌唱力は以前ヒットしたParty All The Time

皆さんご存じの通りですが、改めて聞いてみたらけっこう

いい曲多いですね。ゲストも豪華すぎるくらいで演奏も

申し分なし。普通に歌えるR&Bアーティストのアルバムだったら

大ヒットしていてもおかしくないんじゃないかという内容です。

でも売れなかったみたいですね。

久々に聞いたらけっこうはまってしまい、リピートしています。

 

マイケル参加のこれ↓なんかかなりいいと思いません?

 

We Are The World並みの豪華なメンツで始まる1曲目↓

曲はほんわか系でどうって事ないんですが、次から次へと登場するビッグネームに

圧倒されます。

なんと参加していたのはBabyface, Bon Jovi, Garth Brooks, En Vogue, Johnny Gill,

Amy Grant, Aaron Hall, Hammer, Heavy D, Howard Hewett, Julio Iglesias, 

Janet Jackson, Michael Jackson, Elton John, Patti LaBelle, Emmanuel Lewis, 

Paul McCartney, Teddy Pendergrass, Richie Sambora, Luther Vandross, Barry White 

and Stevie Wonderですと。すごすぎですね。演奏もHerbie Hancockのピアノに

Stanley Clarkeのベースです。

 

Larry GrahamのベースにErnie Isleyのギターが聞けるタイトル曲↓

めっちゃファンキー♪

 

Shabba Ranksを迎えたレゲエなこれ↓もいいですね。

ベースはやはりLarry Graham、ギターはGeorge Johnsonです。

 

今聞くからいいのかもしれませんね。かなりの名作だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レコード針

N44G DJ

JICO SHURE N44G DJ (適正針圧3.5g-4.5g)

 

レコード針をJICOに替えてみました。

実に安定した心地よい鳴り方をしますね。

今まで使っていたのはSHUREのM44-7に純正のN44-7という

針でした。実に厚みのある音はしますが、ジャンルによっては

もこもこする感じもあり、特にレコード内周の再生は苦手な感じでした。

それをこれに替えたところ、何も考えずに音楽に浸れるという感じでしょうか。

特に周波数特性とかは記載されていませんが、たぶんかなり狭いかまぼこ型

(高い音も低い音もそこそこ)の特性だと思われます。ただ、不思議なことに不満はありません。

必要な音はしっかり出てきます。スクラッチノイズとか不要な音は出さないような

不思議な感じ。当たり前ですが、CDとは全く違います。

 

色々聞きましたが、やはりジャズがいいみたいです。

今までいまいちに感じていた演奏も音がぐっと迫ってくる感じで迫力が違います。

ソウルやロックもいいですが、12インチのようにカッティングレベルが大きいものは

出力が大きくなりすぎてフォノイコライザーが歪んでしまう感じ。直接アナログミキサーとかに

繋ぐといいかもしれません。

 

とにかく純正のものより安いですから、気楽に試せるのが魅力です。

M44-GでもM44-7でも使えるので色々楽しめそうです。

まだ買ったばかりなので耐久性はわかりません。200時間ということなので、

それを考えると普通の1000時間クラスの針と比較する場合5倍の値段にする必要があるかも

しれませんが、毎日何時間もレコード聞ける人はそう多くはないと思いますし、

十年も使ったらゴム部分も劣化しますので、適度に交換するにはベストな値段と耐久性かも

しれません。

 

最近購入のAngie Stoneもバッチリ楽しめています。

N44G写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Angie Stone

angiefull

Angie Stone / FULL CIRCLE (LP)

 

 こーいうのを聞きたかった。最初の2曲でノックアウトです。

何も新しくないんですが、安心して聞けます。1枚ものだとLPでもそんなに

高価ではないのでアナログで買ってみました。紫の盤がゆったりとまわる至福の

ひととき。これはアナログで大正解です。

 

ぐっときますね。最初の一音だけでAdult R&Bの世界に飛ばされます。

 

カッティングギターフリークとしてはたまりません。

 

Jaheimを迎えたこれなんかも完璧な出来ですね。

 

B面にもこんなぐっとくるバラードが。

 

ラストはこんなソウルナンバーで締めてます。

さらっと聞ける全36分のアルバムでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Alison Limerick

alison

Alison Limerick / AND STILL I RISE (1992)

 

 ひじょうに安価でよく転がっている盤ですが、

実はなかなかの名作なんです。

とにかくこれ↓が有名。

 

 もろにFrankie Knuckles(リミックスエンジニア)なピアノが美しいこれがすごくよかった↓

 

久々に聞きましたが、ほんとに名作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やもり

kyamo

ひさびさに来た〜!!いや、それだけですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Ola Onabule

ola

Ola Onabule / POINT LESS

 

 久々に出るらしい。これは必ずゲットだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM