<< J. Geils | main | 年間ベスト >>

Two Against Nature & Everything Must Go

two againsteverything must

Steely Dan / Two Against Nature (2000)      Steely Dan / Everything Must Go (2003)

 

 最近聞いている2枚です。スティーリー・ダンは本当に大好きで、GauchoとAjaはほんとに

どれだけ聞いたかわからないくらいです。1枚目から5枚目まではBOXセットで購入したものを

聞いているため、あまりアルバム単位の印象はなかったりもします。

 で、この2枚なんですが、聞き直してみるとあまり覚えてない曲が多かったです。2000年のTwo Against〜

なんてGauchoから20年ぶりですからねえ。感動してそうとう聞いたつもりではいたんですが、

当時は色々と購入枚数が多かったのもあって聞けていなかったようです。しかも曲が難しいので覚えられてない

ってのもありますね。口ずさめるのはCousin Dupreeくらいじゃないでしょうか?さすがにこれは

よく聞いたのでしっかり覚えています。当時からCDプレーヤーを買い替えているのもあってか、じっくり聞くと

細かい音が色々入っていて感動します。おっと、↓こんなライヴ・ヴァージョンがありました。

 

 Everything Must Goのほうはさらに曲を覚えてませんでした。しかも音飛び続出。新しいプレーヤーとは

相性が悪いようです。

 

↓当時一番好きだったのはこのタイトル曲。

 他の曲はは印象が薄いですね。ただ、こっちのほうがスタジオ・ライヴ風に録っているということで、

一体感があります。メンバーもツアーメンバーなんですね。さらにアナログ・レコーディングとは嬉しい。

あまりいい評価はないようですが、ウォルター・ベッカーのベースがすごくいいです。派手なことは

やっていないのに目立ってます。このベースで統一感が出来ているのかもしれません。

ただ、ヴォーカルはやっぱり苦しい。最後だから歌えって事になったのでしょうか?

アルバムはもうたぶん出ないでしょうね。

ライブはまだまだやってくれているようですので、もう一度観たい気もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.10.17 Tuesday
  • -
  • 08:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
"Two Against Nature"グラミー獲りましたよね。
持ってますが、あまり自分も、
個々の曲の記憶が薄い。(^^;)

"Everything Must Go"のほうが、
まだあるかなぁ。

Donaldさん、ソロ名義でバンド率いて来日するみたいですね。
  • maki
  • 2017/04/24 8:36 AM
この年Eminemが獲れなかったんでしたよね。
けっこうマニア向きでキャッチーさには欠けますよね。
ベッカーも一緒に来てくれればいいのになあ。
フェイゲンだけでも見たいけど。
  • DE
  • 2017/04/27 4:50 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM