<< 28日の夕日 | main | あけましておめでとうございます。 >>

GAUCHO (SACD)

gaucho
Steely Dan / GAUCHO (1980-2003) SACD Hybrid

 80年にHey Nineteenを聞いて一気に好きになったバンドです。
当時はラジオで録って繰り返し聞いていましたが、87年に
ベスト盤のCDを購入。93年にAJAと同時にUS盤CDで
ようやく購入しました。94年には来日ということで
4枚組BOXセットのリマスター国内盤CDで揃えました。
この時点でAJAとGAUCHOはだぶっているんですが、
GAUCHOはアナログも欲しいなあなんて思っています。
このたびSACDのプレーヤーを買ったのでSACD盤が欲しくなり、
比較的安価なハイブリッド盤を中古(未使用品)で購入。
何度聞いても飽きない内容もすごいですが、音質もほんとに
すごいですね。可能なかぎりいい音で聴きたい。まだまだ
色々な情報が詰まっているようです。この盤も93年のUS盤
に比べると雲泥の差です。さらにDVD-Audio盤はいいらしいですね。
オリジナルLPを高級システムで聴いてみたい。ほんとに
すごいアルバム、そして録音ですね。









 

スポンサーサイト

  • 2020.06.20 Saturday
  • -
  • 19:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
DVD-audioってメディアのほうはだいぶリリースされてるんです?SACDもチラホラ見ますけど、相当いいオーディオを持っとかないと宝の持ち腐れになるような気がして、ほぼスルーですw

一般ピーポーは聴けりゃなんでもええわっていうのが大半ですよねぇ。俺みたいな、やっぱリマスタ盤、いや原盤ていうのも少ないほうやし。

これからのメディアを行く末はどうなるんでしょうね。
  • hiroo
  • 2013/12/31 3:35 PM
どうなるかはわかりませんが、
色んなメディアを楽しめるタイミングに
生まれ育ったのはラッキーだったと
思います。

DVD-Audioはもうなくなる運命だったと
思います。いちおうSACDが残るみたいですが、
そのSACDも値段高いのもあってか全然浸透
してないですよね。ハードはだいぶでてますが。
  • DE
  • 2013/12/31 10:58 PM
DVD-Audioはなくなる運命なんですね。短命やったんかな。
CD自体も円高傾向とあって海外盤も割高感が出てきてますし、ますますメディアの行く末を心配いたします。
とは、いっても30代後半から40〜アッパー世代はメディアやないといけない人が多いので、残っていくのでしょうね。

本年も宜しくお願いいたします。
  • hiroo
  • 2014/01/01 10:09 AM
とにかくいい音楽が今年もたくさん
出てきてほしいですね。
どんな形であれ思わず買いたくなってしまうような。
今年もよろしくお願いいたします。
  • DE
  • 2014/01/01 1:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM