The Groove Association Live!

 

以前ご紹介のThe Groove Association、実にゴキゲン♪

新宿あたりでもやって欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Childish Gambino

gambino

Childish Gambino / AWAKEN, MY LOVE! (2017)

 

 全然知らなかったんですが、ラッパー、シンガー、

俳優、コメディアン、作家と多方面で活躍している方

らしいです。アルバムもすでにこれで3作目とか。

ドナルド・グローヴァーとかいう名前で知られている

らしい。とにかく全く知らなかったんですが、

↓この曲にやられました。全米チャートでも12位まで

上がってました。

動画があるわけでもないのに1億回以上も再生されてるってちょっとすごいかも?

 

Bootsyのこれ↓が下敷きらしいです。

これも知らなかったけど、カッコいい。

 

全体的にファンクですね。兼業とは思えないっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Patti LaBelle

patti jazz

Patti LaBelle / BEL HOMMAGE (2017)

 

 10年ぶりの新作ということですが、前作はクリスマス・

アルバムのようです。その前だと12年ぶりみたいですね。

まだアルバムを出せるっていうのはすごいですよね。

 内容はジャズなんですが、パティの場合個性が強すぎて

ジャンルとか関係なくなっちゃってる気がします。そんなに

難解系なジャズじゃないし、昔のポップスって感じのも

あります。まだまだ豪快な歌いっぷりは健在で、バックバンドの

生演奏にも負けてません。ソウル・ファンには敬遠されるとは

思いますが、これも秋に聞くにはいいアルバムですね。

 

これは1962年の曲らしいです。。シナトラやプレスリーもカバー、最近ではマイケル・ブーブレ

もやっていたらしいですが、全然知らなかったので新鮮でした。名曲ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Walter Becker

walterbecker

Steely DanのWalter Beckerが9月3日に亡くなってしまいました。

 

まだまだ元気にライヴなどやっているようでしたので、ビックリしましたし、

本当に残念です。どうしてもDonald Fagenのほうがヴォーカルだし、目立っていたので

彼は陰になりがちでしたが、Steely Danは彼なしではありえなかったと思います。

 

あんまり歌は得意ではありませんでしたが、2枚目のソロ・アルバムより私のお気に入りを↓

 

ベッカーのベースが聞けるSteely Danのラスト・アルバムより↓

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Goldswagger

goldswagger

GOLDSWAGGER (2016)

 

 これまたUK Soul Chartにて見つけてきたもの。

なんでもPink FloydのDark Side Of The Moonを

レゲエ調でカバーしたDub Side Of The Moon

有名なMichael Goldwasserという人らしいっす。

よく読み間違えられるのでGoldswaggerにして

しまったとか?

 とにかくここではレゲエではなく、コンテンポラリーな

ソウルをやっています。バックは生演奏で、ヴォーカリストは

曲の合わせて変えています。AORやブラコン感覚の

80’sサウンドといったところでしょうか?

心地よい事間違いなしです。

 

 

 

 

これはこれからの季節にぴったりのアルバムかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Louie Vega

louie vega

Louie Vega / Starring...XXVIII (2016)

 

 前作がいまひとつだったし、2枚組でお高いし、

でパスしていたもの。しかし、FMでJocelyn Brown参加曲

聞いて一気に買う気になりました。グラミーのdance/electric 

albumにもノミネートされていたんですね。まとめ買いにしたら

揃わないディスクのせいでだいぶ待たされました。その間前作を

聞いていたら、これがまたよかった♪何を聞いていたんだろう?(笑)

前作はみんな繋がっているのでだれる面もあるんですが、

演奏ハンパなくカッコいいです↓

 

 で、今作ですが、まずJocelyn Brown参加のこれを↓

 

 ギターのLuis Salinasをフューチャーしたこれがまたグッド↓

 

 そして2枚目の後半にはあのLisa Fischerをフューチャーした曲が4曲も!!

 ほんとに聞きどころ満載のすごいアルバムでした。ハウスはちょっと苦手という方も

ぜひチャレンジしてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


The Groove Association

groovr association

The Groove Association feat. Georgie B (2016)

 

 これまたUK Soul Chartで見つけてきました。

だいぶ前にネット注文したんですが、ずいぶんと

入荷待ちでした。人気あるのかな?

 とにかく80’sな香りがぷんぷんしますので、

アダルトな方は要ちぇっくかも??

 

昔はこんな感じよくありましたが、今聞くと新鮮ですよねえ。

 

これも懐かしい調。80年代後半あたりの音ですよね。

 

80'sのLoose Endsあたりを思わせるセミ・インスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Kyoto Jazz Sextet

kyotojazz

Kyoto Jazz Sextet / UNITY (2017)

 

 珍しく日本もの。沖野修也のユニットです。

曲はけっこうメロディアスで親しみやすいジャズです。

特に平戸祐介のピアノがいいすねえ♪

Fertile GroundのNavasha Dayaも参加。

アナログ録音にこだわっているそうで、音質もいいです。

↓こちらにPVがありました。

 

↓これまたカッコいいMission

 

↓音質は悪いですが、ライブ演奏もアップされてました。かっちょいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Tuxedo

tuxedo2

Tuxedo / TUXEDO(2017 LP)

 

 そういえばこれをアップしてなかった。

基本前作とそんなに変わりませんが、今回のほうが

流れはいいです。LPは1枚に収まっていますので

断然聞きやすくなりました。

 

 ↓こんなセミインストがまたカッコいい♪

 

 ↓シャラマーとは関係ありませんが、やっぱこれは楽しい♪

 

 ↓パトリース・ラッシェンを思い出させるクールなこれがまた最高♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Alessia Cara

alessia

Alessia Cara / KNOW-IT-ALL (2016)

 

 HereScars To Be Beautifulのヒット曲入り。

ZeddとのStayが入らなかったのは残念ですが、

なかなか個性的で今後も期待できそうです。

アルバムは方向性を探っているような感じで

色々なタイプの曲が入っています。

やっぱりHereが何バージョンもあって、

際立っていますね。↓このStoneなんかもいい雰囲気です♪

 

Here 2A.M. Versionもなかなか↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM