Guru / JAZZMATAZZ

Guru表Guru裏

GURU / JAZZMATAZZ Vol.1 (1993)

 

こないだのGang Starrの新作がすごく良かったこともあって久々に亡くなったGuruの

ソロ・プロジェクトを聞いてみました。こんなに良かったかなあ?ビックリしました。

当時はあまりヒップホップ聞いてなかったんですが、このプロジェクトはゲストがすごい!

実はLonnie Liston Smith (keyboard)好きの友人に誘われてこのアルバムの頃、ライヴ

行きました。渋谷のON AIRだったかな?ラップの良さがわからなくてもったいなかった。

Lonnieのソロで盛り上がっていたのはうちらだけだったかも?だいぶ浮いてました。

今見れたら最高だったろうなあ。Guruほんとかっちょいいです。

JAZZMATAZZシリーズは4まで出てたと思いますが、2以降はリアルタイムで買いました。

このVol.1の頃はDonald Byrdひっぱりだこでしたね。すでに60歳を超えていたようですが。

Roy Ayersは52歳くらいか、Lonnie Liston Smithも同年代なんですね。

Acid Jazzブームで彼らを聞きまくっていました。ラップ入りは少々苦手でしたけどね。

さらに当時大好きだった(今でもですが)The Brand New HeaviesのN'Dea Davenportも

参加してるんですよね。エンディアほんとに好きだったなあ。ブランニューのライブも

何回か行きました。また色々ライヴ観れるようになるといいですね。

 

 

今はyoutubeでアルバム全部簡単に聞けちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019 Hits and more

 もう5月も近いというのに世の中大変なことになっていますが、昨年のまとめがよーうやくできました。

実際ヒットしたLil Nas XとかSam Smith、Jonas BrothersやPanic! At The Discoなんかも候補だったんですが、

ディスクに入らなくなり断念しました。日本のNulbarichももうちょっとで入るところだったんですが、次点でした。

 

 

Disc 1 いつものように比較的ポップなやつが中心です。

Disc 1

 

1.Probably Up / Lawrence (2018)   

    J-Waveだったと思いますが、たまたま聞いて気に入ったもの。ジャケ写見たら若くてびっくり。兄妹デュオのようです。

 

2.Dancing In Heaven / The Groove Association feat. Georgie B (2018)   

    前作も良かったですが、今回も最高です。UK Soul Chartの常連ですね。途中からのギターソロがまたたまりません。

 

3.Getaway / The Brand New Heavies feat. N'Dea Davenport   

    アースではないですが、ちょろっとエモーションズ。初期のエンディアをフューチャーしたゴキゲンなナンバー。

 

4.100 Miles / Mike City feat. Carl Thomas (2017)   

    これまたちょっと前の曲ですが、懐かしのカール・トーマスをフューチャー。ハウスですが、ソウルフル。のれます。

 

5.Make It Better / anderson .paak feat. Smokey Robinson   

    こちらもビックリのフューチャー・ヴォーカル。なんとスモーキーですよ。アンダーソン・パークのってますね。

 

6.Juice / Lizzo   

    グラミー最多ノミネートでした。この曲は対象ではありませんでしたが、80's好きにはやっぱりこれですよね。

 

7.One Thing Right / Marshmello feat. Kane Brown   

    Happierが大ヒットしていたマシュメロですが、カントリー・タッチのこちらも捨てがたい。ケーンの声がまた最高です。

 

8.Family And Loyalty / Gang Starr feat.J. Cole   

    亡くなったグールーのパートは短く繰り返しですが、悲しげなメロディーがたまりません。J.コールもいい味出してます。

  

9.Change The World / Snoop Dogg feat. John P. Kee (2018)   

    少し前に出たアルバムより。全面的にラップが聴けるわけではないですが、ゴスペルアルバムとして聴ける名盤です。

 

10.Sweet Chick / anderson .paak feat. BJ The Chicago Kid (2018)   

    Brass ConstructionのWake Up使いですね。アルバムOxnard収録。BJの本格的なソウル・ヴォーカルも聞けます。

 

11.Gonna Have To Be You / Angie Stone feat. Jaheim   

    アンジーのFull Circleより。こちらも本格派のジャヒームとデュエット。ベテランの味ですね。

 

12.Comfortable / Alessia Cara   

    グラミー新人賞を受賞してからあまり活躍していないようですが、このヴォーカルはかなり好きです。こんな曲も合いますね。

 

13.Don't Start Now / Dua Lipa   

    New Rulesはそんなにはまらなかったんですが、これはいいですね。Nile Rodgersも参加したらしい新作が楽しみです。

 

14.Need To Know / Otis Junior & Dr. Dundiff (2018)   

    試聴では生演奏っぽかったんですが、DJものですね。アルバムは同じような曲が多く,残念。Otisの声はかなりいいですね。

 

15.Paraisos Quemados / Santana feat. Buika   

    アルバムAfrica Speaksかなり良いです。サンタナってめちゃくちゃポップなのやったりするので本当につかめないですね。

 

16.Higher Love / Kygo feat. Whitney Houston   

    Whitneyの日本盤I'm Your Baby Tonightに入っていたボートラをリミックス。ハッキリ言ってこっちのほうがいいです。

 

17.Tonight / Simply Red   

    UK Albums Chartだったか?に入っていたのを見つけてすかさず検索。タイトルのBlue Eyed Soulそのまんまです。

 

18.Hello Happiness / Chaka Khan   

    2018年にLike Sugarが配信されていて気になっていましたが、2019年に出ましたね。ミニLPな短さですが、最高です。

 

19.I Love What We Make Together / Miles Davis feat. Randy Hall   

    ジャズの帝王マイルスの未発表作らしいです。こんなにポップなやつやっていたんですねえ。ソウル・ファンも要注目です。

 

 

 

Disc 2 ジャジーな曲が中心です。

Disc 2 re300

 

1.Your Idea of Beautiful / Cecily (2018)   

    Minnie Ripertonのような歌声。演奏がフュージョンっぽくて好みです。欲を言えばもうちょっと曲数欲しかったですね。

 

2.Ballad of The Star Crossed / Ola Onabule   

    最初はOLAという名前でした。もう20年くらい経ちますね。毎回購入しているお気に入りのアーティストです。

 

3.Jazz Carnival / The Jazzinvaders  

  これはyoutubeにないみたいです。Azymuthのこのヴァージョンに忠実に演奏しています。 

    Azymuthのメンバーも参加したLast Summer In Rio.より。正直まだ活動しているとは思いませんでした。

 

4.You're Everything / Philip Bailey   

    Earth Wind & Fireを想像すると全く違うジャズ寄りの作品ですが、カッコいいです。アダルト向き。

 

5.Wishing Well / Charlie Hunter & Lucy Woodward   

    なんとあのTerence Trent D'Arbyのカバーです。アレンジがカッコいいですね。ルーシーのヴォーカルもカッコいい!

 

6.Teenager / Junko Onishi Quintet (2018)   

    Steely Danを意識して作ったらしいですね。たしかにそんなイメージあります。リンク先でちらっと試聴可。

 

7.Turning / J. Lamotta すずめ   

    来日もしていたようで人気上昇中。日本語の“すずめ”を冠しているのも親しみがわきますね。アルバムも最高でした。

 

8.I'll Drive, You Chill / Monkey House   

    これはもろにSteely Danですね。Donald Fagenも認めているようです。ギターソロもうちょっと長いとよりグッドですね。

 

9.Duro De Roer / Azymuth   

    デビュー前の作品で、未発表だったらしいです。ふつうに発売していたらどうだったんでしょうね。

 

10.I Left My Jacket in the Van / Tristan   

    メンバーの曲ですが、簡単に出来たっぽくても演奏がカッコいいですね。オランダ出身の5人組。リンクはスタジオライヴかな?

 

11.Kyoto Dreaming / Shakatak   

    あのNight Birdsのシャカタクです。3年ぶりとの事。けっこう出してるんですね。京都をタイトルにつけるとはさすが。 

 

12.Drives Me Out Of My Mind / Rockie Robbins   

    70年代に活躍していたようですが、全然知りませんでした。UK Soul Chartにてチェックしました。

 

13.Unbreakable / Conya Doss (2018)   

    配信だけで終わるのかと思っていたらひょっこり出していたようです。いい曲たくさんで最高です。ニュークラシックソウル。

 

14.Hold / Nubya Garcia (2017)   

    国内盤発売は2019年。タワレコで試聴して即買い。夏にぴったりのクール・ジャズ。サックスもいいし、ドラムがまた最高。

 

15.Crying / Julian Lage   

    ロイ・オービソンのカバーですが、Don McLeanのほうが馴染みがあります。全然知らない人でしたが、かっちょいいです。

 

 

 

Disc 3 今年も1980年付近中心ですが、けっこういい感じに散りました。

Disc 3

 

1.Ain't It Funky Now / Grant Green <1970>   

    Green Is Beautiful収録のJames Brownカバー。Blue Break Beats vol.2というコンピに入っていてよく聞きました。

 

2.Heaven's On The Other Side / Curtis Harding <2014>   

    最近の人なんですが、ここに入れても違和感ないですね。Chic Meets Curtisといった印象のまるでダンス・クラシック。

 

3.Soul Shack / Val Watson <2004>   

    あまりにもファンク過ぎて当時なじめませんでしたが、最近聞いたらかなりはまりました。Club Nouveauのヴォーカルです。

    最近出ているヴァージョンにはこの曲は入っていない模様。

 

4.Joyous / Pleasure <1977>   

    元々好きでしたが、最近Reel Peopleのカバーを聞いてさらに好きになりました。オリジナルアルバムもチェックですね。

 

5.Heritage / Earth, Wind & Fire feat. The Boys <1990>   

    アースもとうとうラップを入れたと当時はけっこう話題になっていました。ここのヴァージョンはアルバムとちと違います。

 

6.Yah Mo B There / James Ingram & Michael McDonald <1983>   

    ジェームス・イングラム亡くなってしまったので追悼で何にしようか迷いましたが、これになりました。当時が蘇ります。

 

7.Double Dutch Bus / Frankie Smith <1981>   

   こちらも追悼物。この人はこれしかないですが、ほんとに好きでした。長くても飽きないリズムでした。

 

8.Citizens Of Science / Yellow Magic Orchestra <1980>    

    YMOですね。当時は洋楽感覚で聞いていました。色々リイシューがありましたが、この曲が一番懐かしい感じでした。 

 

9.Your Love Is Good (Out Take) / Sheila B. Devotion <1980>   

    CHIC OrganizationというBOXセットに入っていたもの(リンク先はオリジナル)。もろに演奏はCHICでカッコいいですね。

 

10.Stars on Long Play (Side B) / Stars On <1981>   

    ビートルズ・メドレーが有名ですが、ここではアルバムB面の別バージョンです。スターズ・オンのテーマ曲が大好きでした。

 

11.Even It Up / Heart feat. Tower of Power Horns <1980>   

    80年代後半にはすっかりポップになって大ヒットするHeartですが、この頃の粗削りな感じがまたいいですね。

 

12.I'm The Man / Joe Jackson <1979>   

    この頃のジョーはベスト盤でしか知らなかったので、LPで見つけて思わず購入。変わらないですねえ。何やってもカッコいい。

 

13.Rockin' At Midnight / Honeydrippers <1984>   

    実はZeppelinはIn Through The Out Doorしか持っていませんが、Plantのソロはかなり持ってたりします。もちろんこれも。

 

14.Human / Human League <1986>   

    けっこう彼らの曲は12インチがカッコよかったりで好きな曲多いですが、このJam & Lewisプロデュース作は最強ですね。

 

15.Street Kids / Kool & The Gang <1982>   

    Let's Go Dancin'のヒットシングルはあるものの、As Oneという地味なアルバムの冒頭曲。当時の彼ららしいですね。

 

 

こんな感じの曲を2019年は聞いておりました。はたして2020年版はできるのだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Bill Withers

bill withersbill withers live

追悼記事ばかりで嫌になりますが、Bill Withersも亡くなってしまいました。

最初はたぶんSoul Shadowsで知って、その後Just The Two Of Usですかね。

いずれもフューチャリングでしたので、ゲスト専門かと思っていましたが、

とんでもなかったですね。Lean On MeClub Nouveauのカバーで先に知ったかもしれない

ですが、Lovely Dayとか1回で大好きになりました。Meshell NdegeocelloもやっていたWho Is He

(And What Is He To You?)なんていうしぶい曲もいいですし、Use Meがまたカッコいいん

ですよね。この曲のライブが良かったのでライヴ盤を買った記憶があります。オリジナル・

アルバムのLPも狙っていたのですが、高くて買えてません。亡くなってしまうとさらに高騰かも?

今はコロナの影響でいつものレコード屋も休みでさみしい限りですが、この機会に色々と

自宅で発掘しようかと思います。Bill Withersも聞き直します。名曲をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 


Kenny Rogers

kenny300

連続で訃報になってしまいました。

洋楽を聞き始めた頃American Top 40の常連でした。

カントリーの楽しさを教えてくれたアーティストでした。

なんといってもこの曲↓これでカントリーを知ったかもしれない。

 

そしてこれ↓まるっきりライオネル・リッチーなんですが、はまりすぎでした。

 

やっぱりこれは外せないですね↓Dolly PartonがゲストでBee Geesの曲とはやられます。

 

安らかにお眠りください。数々の名曲をありがとうございました。

 

 

 

 


McCoy Tyner

mccoy

マッコイ・タイナーが亡くなってしまいましたね。

1986年ころジャズを聴き始めましたが、

最初はやはりピアノ・トリオばかり聞いていました。

ケニー・ドリューやマッコイ・タイナーはかなり

聞きこみました。

マッコイはこのアルバムのようにフュージョンっぽい事も

やってくれていたので比較的聞きやすかったですね。

コルトレーンは難しかったのでマッコイのピアノソロ

のところばかり聞いていたなあ。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10 Top Albums of 2019

ようやく2019年お気に入りのアルバムが決まりました。

 

1.J.Lamottaすずめ / suzume

jぁもった   

まだ2枚目のアルバムらしいです。ジャズ・ファンク好きにはたまらない生音で、

ヴォーカルも好みなのですっかりはまりました。シャーデーあたりが好きな人に

はうけるのではないでしょうか?前作も気になりましたが、そちらは打ち込みサウンド

らしいのでチャレンジしていません。次作も期待してしまいますね。

 

2.The Brand New Heavies / TBNH

TBNH

けっこうアルバム出してますよね。でもヴォーカルがころころ変わるんですよ。

自分はやっぱりN'Deaが好きですね。Siedahもいいですけどね。

今回は全員集合的な感じでヴォーカル多数参加。 わかりやすいビートで

カッコいいですね。またライヴも観てみたくなりました。LPで購入。

 

3.Monkey House / FRIDAY

monkey house

かなーりSteely Danしてます。Donald FagenもSteely Danの継承者として認めたとか?

とにかくSteely Dan好きは要チェックですよ。彼らの近作TWO AGAINST NATUREとか

EVERYTHING MUST GOあたりよりずっと聞きやすいです。かなりリピート しましたね。

 

 

4.Tristan / The Spice of Five

tristan

初期のIncognitoみたいなシャキシャキなリズムが最高です。

残念ながらホーンは入らないんですが、 かなり強力な演奏でライヴは必見かも?

とりあえずライヴ盤をチェックしたいところです。 

 

 

5.Charlie Hunter & Lucy Woodward / MUSIC! MUSIC! MUSIC!

c hunter

8弦ギターのチャーリー・ハンター。自分は彼のベース・ラインがけっこう好きです。

で、一緒にやるドラマーがまたいつもクッキリしゃっきりで気持ちいいんですよね。

今回はさらに女性ヴォーカルをフィーチャー。全然知らない人ですが、この人がまた

声が伸びるし、最高ですね。カバー曲のセンスも素晴らしいです。

 

6.anderson .paak / Ventura

ventura

MALIBが気に入ったのでOXNARDも買おうとしていたら、すぐにこれが出ましたね。

結局2枚一緒にLPで買いましたが、こちらが1枚ものということもあり、まとまりが

最高でした。Andre 3000とかSmokey Robinsonとかゲストも多彩。曲も適度にポップで

繰り返し聴ける名盤です。

 

7.Miles Davis / Rubberband

milesrubber

なんでもTHE MAN WITH THE HORNの後に録音されていたらしい。

Ledisiとか Lalah Hathawayはオーバーダビングなんでしょうね。あまりにもポップで

びっくりです。当時発売していたら面白かったんじゃないかなあ?

これはやっぱりLPしかないですよねえ。

 

8.Conya Doss / CLEAR(2018)

conyaclear

フィジカル盤で出ていないようでしたので待っていたんですが、忘れてました。

ネットでシールドの中古CDを見つけたので思わず購入。変わらない良さですねえ。

熟成してきたかもしれません。ニュー・クラシック・ ソウルをまだしっかりとやってます。

 

9.Simply Red / BLUE EYED SOUL

Blue Eyed

ほとんどミックのソロなんですが、元々ミックのプロジェクト的なバンドですよね。

前作も愛聴していたので迷わず購入。やっぱり生演奏はいいですね。これはもう

LPを意識したとしか思えない尺でしたし、迷わずアナログ購入となりました。

 

10.Gang Starr / ONE OF THE BEST YET

gang

ラップのGuruはとっくに亡くなっていたそうです。DJ Premierのビートはいつも通り。

感動しました。若手も参加でいい感じにまとまってます。ヒップホップはこうでなきゃね。

これはLPが高価でしたのでCDで購入。現在聞きまくりの1枚。

 

以上、今年も10枚選んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Simply Red

Blue Eyed

Simply Red / BLUE EYED SOUL (2019 LP)

 

知らないうちにアルバムが出ていました。

ちょろっと試聴したらもろに生音のソウルでしたので、

やっぱりアナログでの購入に決めました。

simply LP

 

 いきなり「ベイベー・イエー♪」で始まるノリノリな

アルバムですね。ほんとにソウル大好きという感じです。

 

しっかりブルーアイドソウルらしくAORなナンバーもあります。

 

やっぱりJ.B.が大好き!なんでしょうね。

 

あっという間の34分。正にLPサイズでしたが、最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


猫動画

こちらに動画をアップしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007年7月23日

12

34

この子猫に最初に会ったのはこの日だと思います。

一緒にいる白黒はお母さんだろうか?

今も月に1回くらい会っています。

お世話をしてくれている人達に感謝します。

また行きますよ〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 


箱に入ってみた

ちゃみ箱

久々に猫投稿。

なかなかこっちを向いてくれませんが、

なんとなくむいてるかなあ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM